注目選手

令和2年、最初のGIを制するのは誰だ!GP切符をかけてGI戦線が幕開け
全日本選抜競輪は初のGI開催となる豊橋競輪場が舞台。いち早くGP切符を手にするべくトップスターがしのぎを削る。 期待を集めるのは地元中部勢。充実期を迎えた柴崎淳、実績で群を抜く浅井康太の三重コンビを軸にホームで気合の金子貴志、総力戦で臨む吉田敏洋ががっちりスクラムを組んで。 GP王者の佐藤慎太郎を中心に好メンバーを揃える北日本勢。山崎芳仁、渡邉一成、小松崎大地、新山響平、菅田壱道と機動力の充実度は相変わらず。佐藤、成田和也が上手くリードして結束する。 安定感なら平原康多。吉澤純平、鈴木竜士、吉田拓矢、木暮安由、諸橋愛との関東連係から確実に優勝争いに参戦。 時の勢いは中四国勢。松浦悠士、清水裕友のS班コンビに原田研太朗、ヤングGPを制した松本貴治まで上昇気流。 連覇を狙う中川誠一郎が率いる九州勢は園田匠、山田英明、井上昌己に復帰する山崎賢人にも注目。 南関からは新S班の郡司浩平に和田健太郎、和田真久留、松井宏佑、渡邉雄太ら。 村上博幸、三谷竜生、稲毛健太、古性優作の近畿勢も見逃せぬ。
S1金子貴志(愛知75期)
地元ベテランの存在感

豊橋競輪界を長年支えてきた第一人者。いよいよ迎える初の地元GIに気合は人一倍のはず。依然として自力を兼備する決め脚はトップクラスを維持。場内の声援を自らの力に変え開催を盛り上げる激走に期待。

SS松浦悠士(広島98期)
飛躍を続ける新競輪王

競輪祭で初のGI制覇を達成してグランプリレーサーの仲間入り。壁を破って名実ともに競輪界トップの地位へ登り詰めた。自力から追込みまでハイレベルにこなす総合力は屈指の存在。GI連覇へ気迫の攻めを。

SS佐藤慎太郎(福島78期)

今年はグランプリ王者として1番車を背負う。 一級品のマーク捌きと差し脚を発揮してファンの期待に応える走りみせる。

S1浅井康太(三重90期)

昨年は落車、失格が続いてリズムに乗りきれずGP出場も連続8回で途切れたが総合力上位の存在感は変わらず巻き返し図る。

SS平原康多(埼玉87期)

屈指のオールラウンダーとして君臨。どんな展開にも対応できる攻めで安定感は抜群。大舞台に強く経験と技を魅せる。

SS清水裕友(山口105期)

2年連続のGP出場で一気にトップスターの仲間入り。パワフルな走りで昨年もG戦線で大活躍。初のGIタイトルを狙う。

SS中川誠一郎(熊本85期)

昨年は全日本選抜と高松宮記念杯のGIを2度制覇して競輪界をリード。爆発的な捲り脚は健在。勝負強さも兼備える。

SS郡司浩平(神奈川99期)

力強さが増し着実にパワーアップ。昨年はGPに出場。南関のエース格として自力自在戦で今年は初のGI制覇に燃える。

SS村上博幸(京都86期)

昨年は寛仁親王牌とサマーナイトを制しベテランの味を発揮。シャープな決め脚も復活して貫禄の立ち廻りをみせる。