マッチングアプリ

結婚相談所と婚活アプリ、結婚に有利なのはどっち?違いと併用するときの注意点

婚活サービスは、大きくは結婚相談所、婚活パーティー、婚活アプリなどの方法があります。

以前までは、信用度なら婚相談所、気軽な出会いならば婚活アプリといったように住み分けが行われてきました。

今はオンラインでのコミュニケーションが主流となり、また結婚相談所も格安のところ(スマリッジなど)もたくさん出てきています。

このため、アプリでも十分結婚できるのではないか?違いってあるの?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、結婚相談所と婚活アプリの比較を通して、どちらが結婚に有利なのかチェックしてみましょう。

【期間限定!】キャンペーンあり!
スマリッジの登録はこちら

はじめる婚活、、、まじめな出逢いなら【スマリッジ】



「良い人に出会うチャンスがない」

今、そんな風に悩んでいるのでしたら、オンライン婚活ができるスマリッジをおすすめします。

  1. ご登録はWeb完結型で来店不要
  2. ご紹介可能会員数は52,000名以上!(加盟先を含む)
  3. 独身証明書100%提出で安心!
  4. 3ヶ月間お見合い不成立で全額返金!(条件あり)
  5. お見合い料や成婚料等、追加費用は一切なし

アドバイザーがお相手探しから紹介まで真剣な婚活をサポート!

⇒【今話題のスマリッジに登録する】

結婚相談所とマッチングアプリの違いは?どちらを使えばいい?

一般的に、結婚相談所とマッチングアプリは、比較されることが多いです。

どんな人にどんな方法でアプローチしていくかという戦略も、結婚相談所とマッチングアプリで変える必要があるのです。

最初から、結婚相談所とマッチングアプリの併用っていうのは大変ですよね。

まずは違いから見ていきたいと思います。

結婚相談所とは

結婚相談所にもさまざまなところがありますが、結婚相談所で活動するには、全国にある結婚相談所のいずれかに登録します。

相談所が加盟している連盟の会員から自分の希望条件に合うお相手を検索し、『お見合い』という形で出会います。

お見合いは、所属している相談所のサロンか、仲人が立ち会う場合もあれば、2人で待ち合わせをして2人だけで実施される場合もあります。

最近では、オンラインで出会える結婚相談所もありますので、マッチングアプリ同様、今まで以上に気軽に登録できて、相手探しができるようになりました。

お見合いの後、双方の合意があれば連絡先を交換し、仮交際→本交際を経て、『成婚退会』となります。

結婚相談所では、上記の交際期間もそうですが、会員が守るべきルールが存在します。

また、相談所では専任のアドバイザーがつくことも多く、結婚相談所における信頼度は高いです。

婚活の期限をしっかりと区切って、結婚意識の高い人と出会いたいという方に向いている婚活です。

婚活アプリ(マッチングアプリ)とは

婚活アプリには多種多様な種類があり、大きくは出会いの真剣度によって分けられます。

ここで結婚を考えるなら、基本的に婚活アプリがおすすめです。

アプリに登録している会員の中から、気になるプロフィールの人へメッセージを送り、メッセージを交換するところから始まります。

メッセージを交換して、「会ってもいいかな」と思ったら、実際に二人で会って、そこで気が合えば交際という形になります。

相談所との違いは、ほとんどの婚活アプリが入会から全て一人で進めていく必要があります。

ですが、大抵はメッセージ段階で終わることが多く、実際に会って交際まではなかなか進めないのが現実です。

よって、婚活のモチベーションを維持して短期間で結婚したい、という人よりも、ルールなどに縛られずに、気長・気軽に出会いを探している人に向いている婚活です。

結婚相談所とマッチングアプリの比較

結婚相談所とマッチングアプリについて、様々な面から比較してみましょう。

費用

気になる費用についてですが、結婚相談所の場合、約1年間活動した場合は20万~60万円程度が相場とされています。

ですが、ゼクシィ縁結びエージェントスマリッジなどのオンラインでも活動が可能な、格安の結婚相談所も増えてきているのが特徴です。

ただし、一般的な地元の結婚相談所で活動するにはある程度のまとまった金額が必要となります。

マッチングアプリの場合は、男女共月額2,000円~4,000円程度、年間24,000円~48,000円程度になります。

ですが、比較的真剣度の高い結婚相談所より婚活アプリは、その分結婚もしにくいということになります。

成婚率

成婚率は、結婚相談所の場合は公表されていませんが、30%程度とされています。

結婚相談所の成婚率は「入会1年以内に成婚した人÷全会員数」で算出されているため、100名の会員がいればそのうちの30人程度は1年以内に成婚していることになります。

対して婚活アプリの成婚率はおよそ2%程度と言われています。

婚活アプリは結婚相談所よりも会員数が多く、ほとんどが気軽な出会いを求めているため、アプリを通じての結婚は稀なケースとなっています。

男女比

結婚相談所における男女比は4:6で女性の方が多くなっています。

女性は特に年齢による焦りを感じやすく、結婚を切実に希望する女性が結婚相談所に多く入会されているためでしょう。

対して男性は、結婚相談所に入会するには女性よりも厳しい条件が設けられていることもあり、女性よりも会員数が少なくなっています。

ですが、マッチングアプリの男女比は6:4から7:3というアプリもあります。

気軽に出会いを求めることができることに対して、女性は抵抗を感じる人が多いですが、男性にとっては魅力に感じるようです。

会員数

結婚相談所の会員数は、所属する相談所が加盟する連盟によっても異なりますが、 2020年時点で、IBJ(日本結婚相談所連盟)58,487名、全国結婚相談事業者連盟 26,051名、良縁ネット 約38,000名となっています。

大手の結婚相談所になればなるほど、非常に多くの方が登録されています。

会員数ならば圧倒的にアプリの方が勝っていますが、会員の登録内容の信頼度や目的については玉石混交です。

年齢層

結婚相談所の年齢層で最も多いのは30代~40代となっています。

マッチングアプリに関しては、アプリのターゲット層によりますが、多いのが20代となっています。

40代以上の会員数は少ないため、30代後半以上の方はアプリに登録してもターゲットとする方を見つけることは難しいでしょう。

年収

結婚相談所は男性のみ年収の公開となっていますので、男性の年収ですが、ボリュームゾーンは年収400万円以上となっています。

マッチングアプリの場合は、会員数が非常に多く、かつ平均年齢が若いため平均300万円台と言われています。

そして、マッチングアプリのプロフィールにおいては自己申告のようなものですので、年収に関しての情報は低いといえるでしょう。

きちんとした、一定の収入がある男性を探したいならば、結婚相談所が安心ということになるでしょう。

サポート

結婚相談所とマッチングアプリで大きく違う点の一つとして、サポートがあるかどうかという点が挙げられます。

マッチングアプリは自分で相手を探して、連絡を取るのもデートの約束を取り付けるのもすべて自分で進めていかないといけません。

結婚相談所は担当のアドバイザーが相手選びからお見合いのセッティング、交際中の相談などのサポートをしてくれます。

もちろん、結婚相談所に入ったから自分は何もしなくても結婚できるというわけではありませんが、結婚相談のプロからアドバイスをもらったり、困ったときに相談に乗ってもらったりすることは、婚活を続けていく上で助けになります。

また、マッチングアプリは連絡先を交換した人に断りを入れる場合や、トラブルになったときの対応もすべて自分でしなければなりません。

結婚相談所であればお見合い後のお断りなどもアドバイザーが間に入ってやってくれるので安心です。

結婚相談所とマッチングアプリの向き不向きは?

以上、結婚相談所とマッチングアプリの違いを、色々な観点から説明しました。

このように様々な違いがある結婚相談所とマッチングアプリですが、違いを踏まえて、どのような人がどちらに向いているかをまとめます。

マッチングアプリに向いている人

  • 「いつか結婚出来たらいいな~」くらいの軽い気持ちで婚活をしたい
  • 恋愛経験が人並み以上にあり、自分で能動的に婚活を進めていける
  • 結婚に焦っていない層も含めて広く色々な人と出会いたい
  • 結婚相談所での婚活では、相性のいい人に出会えない
  • 結婚相談所で多くの人に出会ったことで、人を見抜く力もついてきた

マッチングアプリは結婚相談所よりも会員数が多いのですが、ほとんどが気軽な出会いを求めているため、アプリを通じての結婚は稀なケースとなっています。

しかし、婚活をしばらくやってみた結果、コミュニケーションに慣れてきたり、あなた自身の価値観を再認識できることもあります。

このため、最初にマッチングアプリからやって見ることもおすすめです。

結婚相談所に向いている人

  • 「本気で結婚したい」「短期間で結婚を決めたい」という熱意がある
  • 恋愛経験がそれほど多くなく、デートや交際をどのように進めればよいかわからない
  • 困ったときに相談できて、安心できる環境で婚活がしたい
  • 独身の人と確実に出会いたい
  • 年収・職業がしっかりとしている人を選びたい

気軽に登録できるマッチングアプリは、既婚者の場合もあります。

しかし、結婚相談所であれば、わざわざお金をかけて出会いを求める、結婚に真剣な人たちだけが登録しています。

先程も述べたように、「会員の身元がしっかりしている」「担当アドバイザーがサポートしてくれる」など、料金に見合ったメリットがあります。

結婚相談所とアプリの併用もおすすめ!

使い方を間違わなければ、結婚相談所もマッチングアプリも、それぞれ良いサービスだと思います。

でも、真剣な出会いを求めるなら、質も重要です。

よく考えてみれば、大勢の男性と結婚を前提にメッセージの交換やデートをするのって、結構大変です。

併用を考えているのなら、婚活アプリの中でも、有料会員が多い、結婚向けのところを選びましょう。

婚活アプリというと、気軽な出会いばかりを目的としているイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、結婚相談所と同等の厳しい入会審査基準を設け、結婚意識の高い方のみを目的としている婚活アプリもあります。

代表的なアプリとしては、youbride(ユーブライド)ゼクシィ縁結びエージェントなどがあげられます。

ゼクシィ縁結びエージェントの会員数は?男女比率や年齢も!地方の人はおすすめ?今回はゼクシィ縁結びエージェントの会員数についてご紹介したいと思います。 ゼクシィ縁結びエージェントは、関東や地方主要都市に店舗を...

まとめ

結婚相談所と婚活アプリを様々な面から比較してきましたが、それぞれどちらもメリット、デメリットがあります。

しかし、結婚に有利なのはどちらかということにおいては、結婚相談所の方が総合的に有利だといえるでしょう。

結婚相談所は婚活の中でも“結婚”に最もフォーカスしてるので当然ですよね。

しかも、最近では、婚活によって金銭的に苦しくなったり、精神的に辛い思いをしないように、コスパがよいところもたくさんあるのです。

婚活をするにあたっては、まずは情報を集めて結婚に繋がりやすいところに登録してみるのはいかがでしょうか。

【期間限定!】キャンペーンあり!
スマリッジの登録はこちら

はじめる婚活、、、まじめな出逢いなら【スマリッジ】



「良い人に出会うチャンスがない」

今、そんな風に悩んでいるのでしたら、オンライン婚活ができるスマリッジをおすすめします。

  1. ご登録はWeb完結型で来店不要
  2. ご紹介可能会員数は52,000名以上!(加盟先を含む)
  3. 独身証明書100%提出で安心!
  4. 3ヶ月間お見合い不成立で全額返金!(条件あり)
  5. お見合い料や成婚料等、追加費用は一切なし

アドバイザーがお相手探しから紹介まで真剣な婚活をサポート!

⇒【今話題のスマリッジに登録する】