with

withは婚活に使える?withでの結婚・真剣な出会いへのコツを紹介

真剣恋活アプリとして定評のあるwithですが、実は婚活としても使えることをご存知でしょうか?

withを婚活目的で使っても、出会いはあるの?ということや、おすすめな人、婚活でアプリを使って成功させるための方法をご紹介します。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

with(ウィズ)は恋活・婚活ができるマッチングアプリ

基本情報 with(ウィズ)
運営会社 株式会社with
月額料金 男性:3,600円/月
※クレカ決済・1ヶ月プランの場合
女性:無料
累計会員数 600万人以上

with(ウィズ)は恋活に特化したマッチングアプリ。

毎週15,000人以上が新規登録する人気のマッチングアプリです。

年齢層は比較的若く、20代の真剣な恋活に向いていますが、実は、20代後半~30代の結婚を見据えた恋人づくりとしての婚活にもおすすめなんです。

その理由をここでご紹介したいと思います!

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

女性は完全無料

withのメリットですが、女性の利用が完全無料です。

男性も会員登録だけなら無料ですが、メッセージ交換をしようと思うと有料になります。

なので、男女ともにマッチングするまでは無料で利用できるって点は大きなメリットだと思います。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

男性の方も若い子が見つかる!

女性に比べると男性側はメッセージが有料になるので、メリットは少ないように思えますが、withは20代女性が7割なので”若い子がいい”という拘りがあるならとてもおすすめです。

【ウィズの料金プラン】

1ヶ月プラン 3,273円
3ヶ月プラン 3,275円(2,425円/月)
6ヶ月プラン 12,816円(2,136円/月)
12ヶ月プラン 19,992円(1,666円/月)

※各金額はすべて税別価格です。

そして、有料プランでも、費用的にも1,666/月~と相場より安い価格を打ち出しているので、余裕があれば取り入れてみてください。

公式アプリをまずは無料インストールしてみて、料金もチェックすることができます。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

年齢層が婚活にぴったり!

withは、男女ともに約7割が20代ですので、30代以降で結婚を主眼にした活動を考えている方は迷ってしまうかもしれません。

ですが、20代で良い人と出会い、ゆくゆくは結婚も視野に入れたいという会員も多いので、婚活にも向いています。

マッチングアプリというと、手軽で「結婚相手を探すにはちょっと…」って思う方もいるかもしれませんが、実際には適齢期の人もいるので、「自分の使い方次第」だと思います。

心理学&相性診断が面白い!

with_好みカード_心理テスト
withは、期間毎に様々な心理テストが楽しめる仕様となっており、その内容もかなり本格的です。

遺伝子レベルで気の合う相手を探せる!というコンセプトは非常に面白いです。

「運命よりも確実」を謳うように、心理学を基にした診断テストで「本当に相性の良い相手探し」を提供します。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

条件検索で真剣婚活をしている会員に絞ることができる

多くのwith会員の中から結婚に対する意志が強い人が見つけられるの?ということなんですが、実は、真剣婚活目的でwithを利用しているお相手だけを絞ることができます。

手順は簡単で検索条件を設定すればいいだけです。

  1. さがすの画面から「検索条件を設定する」をタップ
  2. 「結婚に対する意志」をタップ
  3. 「すぐにでもしたい」or「2〜3年以のうちに」をタップ

そして、自分も、withでプロフィール写真とともに表示される「つぶやき」で婚活目的で利用していることをアピールしましょう!

自己紹介よりも先に写真と「つぶやき」が表示されますので、ここで婚活していることを伝えれば同じ婚活目的で使っている会員に興味を持ってもらえますね。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

好みカードから婚活目的の人を探せる

with 好みカード

withでは、実際に婚活目的の人を好みカードというグループ機能から探すこともできます。

「真剣に恋活中・婚活中してる人」というカードの人はなんと10万人もいます。

こんなにたくさんの人の中から探せるので、人気のない婚活アプリを使うよりもwithの方がいいかもしれません。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

with(ウィズ)で実際に婚活が成功した口コミ

with(ウィズ)には「withレポート」があり、実際にwithで出会い、結婚した方のエピソードが掲載されています。

Twitterには「withで結婚できた」という声が多数ありました。

中には「8人中3組がwithで結婚した」という声も。

このように、withでは婚活ができることが分かりますね。

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

withで婚活する上で知っておくべき注意点

withは全員が全員婚活目的ではないのも事実。

もし婚活をするのであれば、あらかじめ知っておいたほうが良い注意点を紹介します。

年齢層が若いので、最初からガツガツするのはNG!

まず1つ目の注意点は、ユーザー層の若さや恋活向けアプリという背景もあるので、あまり最初からガツガツすることはNGということです。

真剣な婚活をしている方は特に、年齢層が上がれば上がるほど焦りが見えてしまいます。

男性の場合、もし女性側が真剣に婚活をしていたとしても、あまりガツガツし過ぎると警戒されてしまったりします。

恋活目的のユーザーもいるため、相手に合わせたやりとりを心がけましょう!

婚活を成功させるには、他の婚活アプリと並行するなど、工夫が必要!

withは人気の恋活アプリですが、30代半ば以降の年齢になると、マッチング率が低下してしまうため、工夫が必要です。

真剣に婚活を成功させたいのであれば、ある程度の努力や戦略を立てることは不可欠なので、他の婚活アプリと並行するなどをして活動の幅を広げましょう。

7割近くが20代というユーザー層のwithでは、30代の婚活には少し工夫が必要なので、同年代のユーザーに差をつけて、一気に出会いを増やしてみましょう!

\真剣恋活・婚活には!/

with(無料)アプリストアへ

Match.com(マッチ・ドットコム)

マッチドットコム
  • アメリカ発祥のサービス
  • 全世界にユーザーがいる
  • 6ヶ月間の無料保証サービスあり

マッチドットコムはアメリカ発祥のサービスで、日本国内の会員数だけでも250万人以上。日本国内だけでなく全世界にユーザーがいるため、ワールドワイドな出会いを求めている人に特におすすめしたいサイトです。

海外のサービスと聞くとサポート面で不安があるかもしれませんが、カスタマーケアは年中無休で問い合わせに対応しているので安心ですね。

さらに、6カ月で出会いがなければ、その先の6カ月は無料で利用できるという補償サービスもあります。

初めての婚活・恋活サイト利用には不安がつきものですが、そんな気持ちを後押ししてくれるようなサービスですね。

マッチドットコムはこちら

安全性で選ぶなら「ゼクシィ縁結びエージェント」

 

安全性で選ぶなら「ゼクシィ縁結び」
Facebook系ではなく、大手企業が運営している婚活サイト/婚活アプリとして、一番人気なのが「ゼクシィ縁結びエージェント」です。

大手企業の運営らしく、安心・安全には最高レベルの配慮を行っていて、個人情報の取扱については、プライバシーマークの取得も行っています。

価値観マッチングでの相性の良い異性を、毎日4人も紹介してくれるというシステムです。

大きな特徴は、業界初の「デート調整代行」サービスがあり、コンシェルジュが間に立って日程や場所を調整してくれるます。

総合的にみて自分のペースで活動しやすい、柔軟な婚活サイトと言えます。

登録する前に、まずは無料のカウンセリングを受けてみるのがおすすめ!

ゼクシィ縁結びエージェントの公式サイトはこちら

ブライダルネット

ブライダルネット
運営会社 株式会社IBJ
料金体制 月額3,980円~
会員数 30万人以上
証明書の提出 年収、独身ともに任意

ブライダルネットは、30代以上がメインの婚活マッチングアプリです。

マッチングするだけではなく、全国のお見合いスペースを無料提供してくれるなど、真剣な出会いに特化しています。

また、ブライダルネットでの年間成婚数は約638名

お試し会員検索が可能なので、まずは会員検索から始めてみましょう。

ブライダルネットはこちら

まとめ

withが婚活にもおすすめな理由を説明してきました。

心理テストが楽しい
女性会員からの支持率が高い
デートのアポが取りやすい
主要年齢層が低い(10代後半〜30代前半)
気軽にはじめたい人に向いている
相性の良い相手がすぐに分かる

withはどちらかというと恋活に向いているマッチングアプリ。

しかし、withのホームページにはたくさんのカップルからの報告が上がっていますし、実際に、真剣に婚活をしている女性は比較的多い印象でしたので、十分婚活にも使えるアプリです!

withは恋活はもちろん婚活にも最適なマッチングアプリなので相性ピッタリの運命の相手を探したいなら、「with」を利用してみてください!